建築家に住宅の設計・建築依頼|安心できるノビノビスペースの実現

建設に必要

注文住宅を建設するために利用するのが工務店です。施主の希望する家づくりを叶えるために設計を行い、それを建設するめの施工業者の手配も行なってくれるのが、設計事務所との違いとなります。これまでは木造住宅がほとんどだったものですが、使用する建材の種類が豊富になったことにより、あらゆる種類の家づくりが行われるようになってきています。主流は3階建てのもので、短い工期で建設できる工法のものとなります。 そのような中で、工務店ごとに特色を出すためにこだわりのポイントを定めているところも増えてきています。例えば温もりのある木の家にこだわるところや、天然素材の使用にこだわるなど様々なタイプの工務店が存在しています。

工務店における今後の動向予測としては、ハウスメーカーが手掛けるローコスト住宅に人気が集まっていることを受けて、使用する建材などのコストを抑えた家づくりを目指すものが挙げられます。輸入品となる建材を利用する工務店も多く、少しでも予算を抑えることができるような取り組みが見られます。 また逆に、ハウスメーカーでは対応できないような条件での建設に力を入れているところがあります。ハウスメーカーのローコスト住宅は、規格化された建材を使用するために、狭小地などの特集な形状の土地では割高となるケースがあります。そのような条件において、より住みやすい住まいの提案を行うことにより需要を増やすことが取り組まれているわけです。